失敗しない!ダウンジャケットのクリーニングでおすすめの方法って?

ダウンジャケットのクリーニングはこの記事の後半でも書いていますがやはりクリーニング店に頼むのが一番かなと考えています。中でも宅配クリーニングがおすすめ。 理由は冬物のコート等と一緒にまとめて郵送し次のシーズンがくるまで保管をしてくれたり、一般のクリーニング店と比較しても安い値段でできるから。

ここで紹介する宅配クリーニング店は、状態にもよりますが、ほつれやシミ抜きなどの修理は無料で対応してくれるところばかりですしね。

大体の値段から比較していきましょう。

ダウンジャケットのクリーニング料金の相場は?

クリーニング店 セット料金 単品料金 染み抜き
リナビス 衣類10点コース:10,800円(保管あり) - 無料
リネット プレミアムクローク 7点:9,800円(保管あり) 2,850円 無料
カジタク 10点パック:12,000円(保管あり) - 無料
ネクシー 10点:9,800円(保管あり) 2,500円 無料
せんたく便 保管10パック:9,980円(保管あり) - 無料
実店舗型A社 - 3,300円(シミ抜きも入れた価格) 有料

※実店舗型A社は名前を伏せておきます。私お家の近くのクリーニング屋さんの料金で染み抜きを行った時の料金です。

各社、まとめてクリーニングに出すパック式というやり方を採用しているので10点パックの料金を参考にみてみるとこんな感じです。(リネットだけ7点ですが)

大体、1点あたり1,000円でダウンジャケットのクリーニングが出せてしまうという計算。

街のクリーニング屋の値段をきいたところ染み抜きは有料だったので、その値段を足して3,300円というお値段だったので、まとめてクリーニングに出せるのであれば宅配クリーニングが圧倒的にお安いです。

保証をしっかり宣言しているところに頼むのが良い!

それで、高級ダウンとかお気に入りのダウンをどこに頼むのが良いのかって話ですけど、クリーニングって結構トラブルが多いんですよ。

なので、ちゃんと保証を宣言しているところに預けるのが吉かと思います。

リナビスの保障

(2) 「賠償額」とは、利用者が洗たく物の紛失や損傷により直接に受けた損害に対する賠償金をいう。
(3) 「物品の再取得価格」とは、損害が発生した物品と同一の品質の新規の物品を事故発生時に購入するのに必要な金額をいう。

と、こういった文言が記載されています。新規の物品を事故発生時に購入するのに必要な金額ですから、あきらかにクリーニング前のモノと違った悲惨な状態になった場合は保証しますよって話。これ書いてあるだけで安心できますよね。

あと、他のページでも少し触れていたことなのですが、リナビスはモンクレールやカナダグースやタトラスといった高級ダウンやコートなどの受注が多いのだそう。リピーターも多いのでダウンジャケットやコートを宅配クリーニングに出すのであれば実績のあるリナビスが一番おすすめです。

料金は「5点コース:7,800円」「10点コース:10,800円」「20点コース:18,800円」というコースから選択できます。先に少し触れていましたが、ダウンのロングコート(ひざ丈まである長い奴)とかもパック内で1点のカウントです。

ちなみに、リナビスに大事なダウンを頼む時は有料オプションの汗抜き加工がおすすめ。500円の+オプションがかかりますが、手洗いで特殊な洗剤を使うので仕上がりもばっちり。

リネットの保障

もう一社紹介しておきましょう。リネットの保障は1注文あたり20万円までというかなりの保証があるとしっかりと明記しています。但し、月額プラン390円(年会費プラン4,680円)の料金が発生する会員、プレミアム会員になる必要あります。

会員費がかかる会員にならないと保証されないのはちょっと残念ではあるんですが、注文初回50%OFFなので元はすぐにとれるのかなとはおもいます。

ユニクロやZARAなどの安めのダウンは自宅で洗うか新品かったほうがいい?

こればっかりは金銭面的にどのように感じるか?って話にはなってきてしまうのと宅配クリーニングの場合10点セットとかでまとめて出せるなら割安になってくるからそのあたりの兼ね合いもあるとは思います。

でも私だったらユニクロのダウンは4,000円くらいだし、クリーニングに出すくらいなら自宅でクリーニングをチャレンジするか新しいの買っちゃうかな。

ZARAも安いですけど、安いっていっても1万くらいするダウンだったらクリーニングに出すかなと。

まあこれは各自の判断基準があるとはおもいます。

モンクレールとか高級品のダウンは間違いなくクリーニング屋に頼みますね私なら。

自宅でもクリーニングってできるっちゃできるんですけど、ダウンって難しいし面倒なんですよね。まず洗濯機でやっちゃうと傷んでしまうんではないかとか、(そもそも水洗い丸洗いが駄目なパターンもあるのでタグの確認は必須です)普段洗濯していないものだからやっぱり不安ですよね。

ネットの情報などでダウンジャケットの洗い方や方法を解説しているサイトがありますが基本的にすべてがうまくいくとは限らないですし、「水洗い」マークにバツが付いているのに裏テクニック的にこうすればできるという情報なんかもありますよね。確率的にうまくできた人もいれば、それで失敗しちゃったって人も多数いるのでやはり大事なものはクリーニング店にまかせるのがよいのかなと。

水洗いができるダウンだとしても丁寧に洗って陰干しでしっかり乾かさないといけないのでやはり高級ダウンはプロに任せるのが安心ですね。

ダウンジャケットをクリーニングする頻度やタイミングはあるのか?

ダウンジャケットに限らず冬物のアウターをクリーニングする頻度ってみなさんどんな感じでやってますか?今後これはアンケートでもとろうかなあと思っていますが、個人的には1年に1回かなと。1年に1回と言うかワンシーズンで着る季節が終わったらクリーニングに出すのがベストなのかなと。あたりまえ?

ダウンやアウターで気になる部分といえば大体、襟元だと思うですがやはりワンシーズン着ると汚れが気になってきますよね。これそのシーズン終わってからクリーニング出さないと、やはりシミと言うやつは早めの方が落ちるので当然シーズン毎に出すのがよいと。

汗などが付着したまま放置すると生地が傷んでしまい修復自体が不可能になることもあるのでまあできれば2~3回着たらクリーニングするとかが理想なのかもしれませんが、クリーニング代金などを考えると頻度は1年一回が妥当ではないでしょうか。

宅配クリーニング屋さん比較cleaning hikaku